ピグマリオン学院藤が丘教室

HOME授業様子 ≫ 6月2日(水)問題の取り組み方 ≫

フィードバック

6月2日(水)問題の取り組み方

宿題の採点、提出にご理解ご協力を頂き、ありがとうございます。

提出前にちょっと気を付けてみましょう。

★式は書いてありますか?
式はなくても答えが出る問題もありますが 式をたてることも勉強の1つです。
式を書きなさいとなくても 式をたて 計算すること。
ケアレスミスを防ぐとともに 算数の答えは なぜこの答か と説明できる力が必要だからです。途中の式も大切です。
文章問題を解くとき 問題内容を整理しながら解く、難問にこの習慣は役に立ちます。

★単位換算してはできる限り大きな単位で答えていますか? 
1Lが2個 1dLが23個 100mLが11個
あわせると 2L23dL1100mLではないですね。
できる限り大きい単位にしましょう。
2L+2L3dL+1L1dL=5L4dL
小数を学習後は5.4Lスッキリですね。

かさ学習は 慣れるまである程度繰り返すとよいです。
長さ・時間の問題も同様です。

★採点後のチエックはしていますか?
間違えたまま 提出していませんか?せっかく、間違いにきがつく やり直せるチャンスです。
提出前に子どもに確認させましょう。
または 間違えたプリントに付箋を貼っておく 訂正したらはがすと
「うっかり」がなくなります。

子どもは 最初から完璧にできません。「うっかり」も多いです。
子ども自身が自らできるようになるまで  根気よく繰り返し導いていく姿勢が大切です。

★1回の学習時間ちょうど良いものですか?
集中力の有無も個人差がありますが 集中力とは 「一つの事柄に注意を集めて取り組む力」です。注意を集めて・・ 誘惑が多い環境では 子どもにとって これは大変難しいことだとおもいませんか?

取り組ませ方もなかなか難しいですよね。
気持ちよく学習できるように 時間帯、環境、量、レベルなど子どもにあわせて考慮していく必要があります。
「学習の記録」をつけるのもよい方法です。
できる限りシンプルな形式が長続きします。ただ、学習にかかった時間を書くことは忘れないようにしましょう。
せっかくだから 心地よい学習リズムで能力を伸ばせたらと願います。
難しい問題を解く(先取り問題など)今の努力が必ず報われ、親子で笑顔になって欲しいです。


宿題が多いから大変かとはおもいますが 提出期限があるもの優先で
ないものはゆっくりでよいです。
ファイト!!

 
ロゴ
こじま知育教室
ピグマリオン学院
藤が丘


名古屋市名東区藤見が丘59
政美マンション206

☎︎ 052-768-5850

ブログカテゴリ

モバイルサイト

ピグマリオン学院 藤が丘教室スマホサイトQRコード

ピグマリオン学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!